忍者ブログ
.
暇でみ々草
なんとなく薄味
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


だらだらと暇ができるとやるこのゲーム。
一応lv10までは終わった。でもそろそろ飽きてきた。
何かっていうと音楽に。ずっと同じのばっか聞くと飽きるわ〜。

だから最近はBGMを切って別のBGM流していたりする。
今日はイルベロのサントラ。

○ファンネルとかいうやつ
そもそも格ゲーの東方での新キャラだったこのキャラの弾幕。
こいつの弾幕は弾幕自体よりもどっと絵が時々がに股になるのが
気になって集中できない。

まぁこれで最後だから気にしないでおこう
でもこのファンネル。めんどかった。

ファンネル出る→赤い線でファンネルから玉が射出→ファンネル出る
→ちょっとの間
という流れになるから、二回目のファンネルが出た瞬間を狙って
撮影するのが基本だけど、ちょっとタイミングずれるとだめだし
そもそも赤い線の出が悪いと後半はそれでよけられない。

まぁ一応できたけどね。ちなみにファンネルが出るのは自機狙い
だけどそれを知ってもあまり役には立たなかったです。

○lv10の最後の弾幕

これが個人的にむずかった。遊永弾とかいうの。なんというか
軌道が読めないんですよね。全然。何回かやるとなれてきたけど。
本当に鉄壁な攻略法というのがあまりない。

ひたすら慣れと、気合いよけとちょっとの運で挑む。
なんだか高レベルになるとこういうの多くなるよね。

全人類の〜とかも一見するとごん太レーザーを大きく避けるのかと
思ったら実は全方位のばらまきをよける弾幕だったし。

どうもこういう微妙に曲がる弾は避けづらいです。
とはいうものの230枚ぐらいで撮影完了。



曲がる弾曲がる弾とか避けていると思い出したのが怒首領蜂。
怒首領蜂って実は曲がる弾というのがシリーズとおしてほとんどないんですよね
それが怒首領蜂シリーズの伝統になっているみたいです。

だから高速とはいえほぼ弾が直線の軌道を描くので見た目以上に
すいすい進む事ができます。そもそも弾幕の醍醐味である
一見すると難しそうなのにやってみると簡単に避けられるという要素を
一番伝えやすいやり方。

それが怒首領蜂の触ってみないと分からない
楽しさなんだよねー。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font color
E-mail
URI
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret?
この記事へのトラックバック
トラックバック用URI:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
コミケは落ちました。
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たにぃ∩みみっち
性別:
非公開
自己紹介:
二人とも暇を持て余しているのだ
連絡用メアド↓ ATは@に変えてね
mimi.kusaATgmail.com

☆Pixiv
みみっち
たにぃ
ブログ内検索
カウンター
Copyright (C) たにぃ∩みみっち All Rights Reserved.
Template design:Fomalhaut // Powered by NINJA TOOLS
[PR] 忍者ブログ // [PR]