忍者ブログ
.
暇でみ々草
なんとなく薄味
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
なんかこう新しく作った会誌の感想を言い合う会
みたいなものがこのまえ行われて、

まぁ僕は適当に聞き流していたので全然参加していないわけです。
そばでずっと二コ動みてた。virnus and braves のpvが出来が良すぎて
泣いた。ccさくらの実写再現opに吐いた。まぁできは良かったけどさぁ

それはそうと僕がそのときに作って出した小説もあるわけで
今日はそれの自評、もとい解説みたいなことでもしようとふいに思い立った。

まぁ短編なので舞台は喫茶店で男性と女性が話しているだけの
小説。んでまぁ内容が電波。そんな感じ。電波がひしめき合ってる会話。

毎回だけど、話の全容というものがあるときに、僕はその
半分ぐらいしか説明しきれないので。今回はそれが本当に顕著にでました。
会話をゆっくり読んでいけば大体の想像はできるけど、それで終わる。

男性と女性は人間ではない?まぁ人間ではないね。
風土が違うっていうのは地方とか国とかじゃなくて星単位でのこと。
人間っぽく振舞っているという表現も大体そんな感じ。

何をしている?それが全然説明できていないのがいけないところだけど
まぁ洗脳計画だとでも思っておけばいいかも。

二人は何なの?二人はプリキュアとかじゃなくて、
女性が実行係で男性が中間管理職みたいな感じ。

では女性はどうやって洗脳しているのかというとまぁなんか機械でも
使っているという感じ。でもその機械をつかうのはとても目立つ。
なんか滅茶苦茶音が鳴るし、イルミネーションもやばいし。

だから標的にしている人間に遣おうものならすぐ他人にあれは何だと
気づかれてしまう始末。

ということで女性はこの寂れている喫茶店に連れ込んで洗脳してしまおうと
考えた。ここなら洗脳作業をしても他人に気づかれない。

でもどうやってつれてくる?というときに好奇心が強い人間の習性を利用した。
洗脳した人間の身体に素質がある人間にしか見えない糸みたいなものを
つなげて街中に放り出す。

人間の中の一部にはそれを見ることができる。だけど自分にしか見えない。
他人に相談しようものなら変人だと思われる。他人には見えないからね。
見える人間の中にはそれが何なのかを調べだす人も出てくる。

そしてその糸はどこに続くのだろうとその糸を手繰りだす。
最後に行き着くのがあの喫茶店。糸端はこの喫茶店だった。
そして新しい標的であるということに気づかされる。

女性は自分から歩く代わりに他人に来てもらうことで事を済ませていた。
そして今回も標的が一人。

というのが全容というか、話の根幹にある部分。

だけどこれがつまらない云々の前にこれを説明し切れていないというのが
一番大きな反省点でした。反省。日光の猿バリに反省。

今回書いたことでやりたかったことは地の文の書き方が三人称だと思っていたことが
実は一人称だったぜーということ。もうちょっと掘り下げると読み手をもっと引き込ませたかった。

一人称にする理由はなかったかもしれないけど最後に視点を一つに集める何かを用意したかった。
他人事のように読んでいる読み手と登場人物の距離を縮めるにはどうしたらいいかしらということの
答えみたいな。よくこっちみんなって言われるけどちょうどそんなかんじ。

好奇心身を滅ぼすみたいなことがテーマの短編は覚えている限り星新一が
一つぐらい書いてた。町中のねずみがどこかに集まったから気になった主人公が
それを追いかけていったら実はねずみ殲滅作戦の工程で主人公がそれに巻き込まれるという話し。

まぁ何事も首を突っ込みすぎるのは良くないということで。ちゃんちゃん。

PR
この記事へのトラックバック
トラックバック用URI:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
コミケは落ちました。
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たにぃ∩みみっち
性別:
非公開
自己紹介:
二人とも暇を持て余しているのだ
連絡用メアド↓ ATは@に変えてね
mimi.kusaATgmail.com

☆Pixiv
みみっち
たにぃ
ブログ内検索
カウンター
Copyright (C) たにぃ∩みみっち All Rights Reserved.
Template design:Fomalhaut // Powered by NINJA TOOLS
[PR] 忍者ブログ // [PR]