忍者ブログ
.
暇でみ々草
なんとなく薄味
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 プレステできになるゲームを見つけたから
やり始めた。
東京魔人学園というの。

なにを隠そう九龍妖魔学園紀と同じ世界観のゲーム
というより九龍がこれの外伝みたいなもの。

魔人学園は単純に数字でナンバリングされていないので
どれからやっていいか分からなかったけど
多分僕が買ってきたのが一番初めの奴のはず。

それにしてもこれ20世紀のゲームだからグラフィックが
とても歴史を感じます。
この十年の間にこれほどに進化してしまったのね。

ということでぼちぼちプレイ。

1998年春に真神学園に主人公が転校してくるところから
ゲームが始まる。

さっそく主人公が女子どもに囲まれて一言もしゃべらないくせに
イケメンオーラを出している。どこのペルソナ4だよ。

その女子の中でおしとやかキャラの美里ともうひとりボクっ子(名前忘れた)
の位置づけなんて完全に天城と里中だもんな。これからこいつらの好感度のために
感情入力に四苦八苦しなくてはいけないのか。

そしてペルソナ4でいう花村君のポジションに当たる蓬莱寺君が
学校を案内してくれて、案内してくれる最中に新聞部のアン子と
オカルト研の誰か(名前忘れた)にあう。次には名前を覚えているはずさ。

この二人は仲間にはならなそうだけど重要っぽい位置づけなのか?
まぁいいや。空気を読んだ感情を返しておこう。いきなり愛はまだ早いか?
だけど愛連打は基本だよね。

ということで学校初日で人気者の主人公なのですが、光があるところには
影があるので学校不良グループから目をつけて恒例の体育館裏に呼び出されてしまう。
まぁ不良っていったら体育館裏だよね。

あわやフルボッコにされてしまうのかというところで、木の上で昼寝をしていた
蓬莱寺くんが参戦。というか蓬莱寺君は
木の上で寝れるほど寝相がよさそうなキャラにみえないぞ。

そこで戦闘パートが始まる。戦闘はごく普通のターン制SLGで
キャラごとに設定されている行動力がある限り行動できるというもの。

ここらへんは九龍と大方にているからとっつきやすかった。
二発か三発ぶんなぐって不良を撃退。まだ一話で、蓬莱寺君の助けもあって、
さらに序盤なのでそんなに苦労しなかった。

返り討ちにされてもまだいきがっている不良の前に
学校のマドンナだった美里が仲介に来て心身ともにズタボロになる不良。
でもまだ主人公に対する敵意はなくなっていない様子。

まぁ一旦不良のことはおいておき、美里と共にきた不良と同じ部活所属の
醍醐とかいうやつが主人公を歓迎し、学校のもう一つの名を明かすのだった。
ここで一話終了。


PR
この記事へのトラックバック
トラックバック用URI:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
コミケは落ちました。
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たにぃ∩みみっち
性別:
非公開
自己紹介:
二人とも暇を持て余しているのだ
連絡用メアド↓ ATは@に変えてね
mimi.kusaATgmail.com

☆Pixiv
みみっち
たにぃ
ブログ内検索
カウンター
Copyright (C) たにぃ∩みみっち All Rights Reserved.
Template design:Fomalhaut // Powered by NINJA TOOLS
[PR] 忍者ブログ // [PR]